ENVIRONMENT

働く環境を知る

WELFARE・
TRAINING・
ENVIRONMENT

福利厚生・教育研修・働く環境

TRAINING

教育研修

王子グループでは、「社員一人ひとりが活躍し、能力を最大限に発揮」すること、そして、
「多様な価値観・発想からクリエイティブな成果を通したイノベーションを実現」することを「目指す姿」と位置付けています。
「目指す姿」に到達するために、経営戦略の完遂に向けた人材の育成、特にグローバル人材育成に注力しています。

  • 新入社員研修~階層別研修

    王子グループに入社後は、新入社員研修にて、経営理念や各事業領域の取り組み、安全、環境、コンプライアンス、人権など、王子グループ従業員として必要な知識を習得します。配属後も、各カンパニーの事業特性に応じた階層別の研修を段階的に実施しています。

  • キャリアデザイン研修

    一人ひとりが充実したキャリアを築いていけるよう、入社3年目というキャリアの節目に、自身の能力の棚卸やキャリア自立の目標設定を行う研修を実施しています。同世代で活躍する王子グループ従業員との横のネットワークを構築する機会にもなっています。

  • グローバル人材育成

    若手のうちから、国内外での語学研修や、海外拠点での実務経験を通じて、国際的に通用する人材育成の機会を用意しています。また、英語力アップと異文化コミュニケーション力養成を目的としたオンライン英会話、定期的なTOEIC受験など、スキルアップの支援も行っています。
    なお、現在、静岡県富士宮市に王子グループの人材交流・育成拠点として「富士宮研修センター」を建設しております(2022年12月竣工予定)。今後は完成した研修センターにて多様な研修を行うことを検討しています。

  • 資格取得奨励制度

    入社後、自己研鑽に励む社員も多く、会社が定めた資格を取得すると奨励金や取得費用の補助を受けられる制度です。例えば、業務に役立つ日商簿記検定・知的財産管理技能士をはじめ、中小企業診断士、MBA、技術士、弁理士など、様々な資格が対象となっており、自主的な学び・成長を支援します。

新入社員研修

富士宮研修センター完成予想図

グローバル人材育成・インド研修

WELFARE & ENVIRONMENT

福利厚生と働く環境

福利厚生

王子グループでは、従業員やその家族の生活・健康を支える様々な福利厚生が整っています。
ここではその一部をご紹介します。

  • 独身寮・社宅完備

    自宅から通勤が困難な従業員に独身寮・社宅を提供し、転居を伴う異動に対しても安心して赴任できる体制を整えています。また、都内(江戸川区)の社宅には企業主導型保育施設を併設し、従業員の仕事と育児の両立を支援しています。

  • 社員食堂

    本社をはじめ多くの事業所で社員食堂を設置し、栄養バランスの取れた食事を安価に提供しています。

  • その他

    従業員持株会、確定拠出年金、財産形成貯蓄制度(一般、年金、住宅)など、従業員の資産形成を支援するほか、勤続年数に応じたリフレッシュ休暇、早期育休復職者への保育所補助など、多様な制度が整っています。

江戸川区社宅江戸川区社宅

社員食堂社員食堂

働く環境

グローバル企業にとって、性別、年齢、障がい、国籍などにかかわらず多様な人材が活躍し、
多様な価値観と発想が企業の競争力強化に結び付くような取り組みが不可欠です。
多様な人材が能力を最大限発揮できる環境づくりとして、ダイバーシティの推進を行っています。

  • 多様な人材の能力開発・
    キャリア形成

    ダイバーシティ推進のベースとなる人事制度として、「役割等級制度」があり、役割期待と成果を重視した公正な評価を行っています。この役割等級制度により、職能資格制度(年功序列制度)は廃止され、王子グループ全体で若いうちから活躍できる土壌、風土が形成されています。その上で一人ひとりが十分に成果を発揮できるよう、社員教育にも力を入れており、職場での仕事を通じた育成はもちろん、前段でご紹介した研修・教育体制を整え、早期の自律的キャリア形成や、経営幹部候補としての実力強化を目指しています。そのほか、女性管理職比率の向上や、障がい者雇用の取り組みなども行っています。2021年3月には、女性活躍推進に優れた上場企業として、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「なでしこ銘柄」に、2度目の選定をされました 。

  • ワークライフマネジメント向上
    (働き方改革・健康経営)

    働き方改革では、総労働時間の削減や業務効率化に取り組んでおり、柔軟な働き方に向けて、完全フレックスタイム制の活用や年休取得を推進しています。育児・介護・治療中の従業員が仕事と両立しながら活躍できるよう、制度の周知等、情報発信に努めているほか、男性の育児休業等取得も推進しています(2020年度取得率74%)。従業員の健康の確保にも取り組んでおり、各種健診や健康相談窓口の充実など、従業員が心身ともに健康で、生き生きと能力を発揮できる職場づくりを目指した取り組みを行っています。2021年3月には、これらの取り組みが評価され、「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。

  • 年休取得日数

    14.0

    (2020年度実績)

  • 残業時間

    12.6時間/月

    (2020年度実績)

  • 総労働時間削減

  • 男性育休取得率

    74%

    (2020年度実績)

  • 女性育休取得率

    100%

    (2020年度実績)

  • なでしこ銘柄

    NADESHIKO

  • 健康経営優良法人

    健康経営有料法人