メーカーの根幹とも言える、製造現場。技術系社員は、その現場である工場、また工場を支える研究開発部門、そして工場設備の新設や改善を統括、支援する技術部門での仕事を担っています。主な活躍の場は、各工場における抄紙工程、パルプ工程、各種ボイラー、給電設備、製品加工、工場研究技術部門や研究所、技術部門等です。その中で、マシンのオペレーション・維持管理・改善設計・設備投資計画や、紙や古紙の品質管理・分析・改善、製紙技術・紙の機能や新製品・新技術の研究開発、製品加工技術、森林資源に関する研究等に従事します。
 キャリアを積んでいく中では、専攻する学部・学科や本人適性に応じ、上記業務の間でローテーションが行われていきます。自身の強みを活かすとともに、様々な部門で新たな経験や知識、技術を身につけながら、現場を支えるプロフェッショナルへと成長することができます。

マシン部門

マシン部門では、紙の原料である「パルプ(繊維)」を「紙」にする工程を担っています。抄紙機(しょうしき)と呼ばれる紙を抄くマシンの操業管理を中心に、安全を第一とし、品質および生産能力の向上、コストダウンのために、効率的な操業計画を立てるのが業務です。工場の中心であり、「ものづくり」を体感できる仕事といえます。

パルプ部門

紙は、木材を砕いたチップや古紙を原料とする「パルプ」から作られますが、様々な設備を使用してこの「パルプ」を製造しているのがパルプ部門です。フレッシュパルプ、古紙パルプ等を数種類組み合わせて、それぞれの紙に求められている最適品質に仕上げていきます。使用目的に適したパルプを、より効率良くより安定的に供給するのが業務です。

パワープラント部門

パワープラント部門では、工場内で使用する電力と蒸気を供給する業務を行っています。工場では、ボイラーで発生した蒸気をタービン発電機に送り発電を行い、発電後の蒸気を紙の乾燥に利用するというコージェネレーション(※1)により、エネルギーを無駄なく使用しています。燃料は、重油、石炭、RPF(※2)、廃タイヤ、黒液(※3)、木質等、多岐に渡っており、苫小牧工場では水力発電も稼動しています。工場の安定操業の要とも言える、重要な役割を担う部門です。
(※1)コージェネレーション:ひとつのエネルギーから電気・熱等の複数のエネルギーを取り出し、同時に利用する方法
(※2)RPF:Refused Paper & Plastic Fuelの略。ごみ固形化燃料の一種で、紙ごみと廃プラスチックから作った固形化燃料
(※3)黒液:木材からパルプを生産する過程において出る、黒い植物性廃液

加工部門

加工部門、特に段ボール事業は、グループの総合力と技術力を強みとして、原紙から段ボール製品に及ぶ素材・加工一体型体制で展開しています。その中で、加工部門に位置する段ボール製品の生産は、食品、飲料、農水産物、家電製品など、広範な分野で段ボール製品を供給しています。日本メーカーの生産拠点が海外進出を進める中、最終製品の安全な輸送に欠かせない段ボール製品には高い品質が求められており、王子グループ段ボール事業のビジネスフィールドはグローバルに急拡大しています。 技術系社員の工場での仕事は、生産管理、設備管理、品質管理、段ボールの設計、安全衛生管理等と多岐に亘ります。特に段ボール工場の人員は製紙工場のそれに比べ少なく少数精鋭であるため、一人の社員がこれらを順に経験し、製造に関するエキスパートとなり、将来は経営者として、製造から販売、管理まで、一連の企業・工場運営に関わっていきます。

研究技術部門

研究技術部門は各工場に設置されており、原料や製品品質の測定・分析をはじめ、品質管理・向上および工程の効率化やコストダウン等、製造現場の改善に関する様々な研究や取り組みが行われています。分析・研究の対象も、化学パルプや古紙パルプといった製紙材料、各種強度等の紙質、抄紙や塗工の製造工程、水質管理といったように幅広く、いずれも現場と密接に関係し、対応や実績が即時に製造に反映される仕事です。
   
技術系 専攻マトリクス
設計 パルプ
設備
抄紙
設備
発電
設備
ボイラー
設備
計装
設備
加工
設備
機械工学系
電気工学系
電子工学系
エネルギー
工学系
計測工学系
流体工学系
物質工学系
工学部/化学系
理学部/化学系
物理学系

他の職種を見る

研究職
営業職
人事・企画・管理・海外事業企画