技 術

竹下 徹
王子エンジニアリング 営業技術本部
2007年入社
電気電子工学科

現在の仕事

仕事は大変幅広く、大きく分けて3つあります。1つ目は王子グループ内の仕事で、各社の設備投資案件精査や設備更新工事、新規建設工事等の立案・設計をしております。2つ目はグループ外のお客様に対しての仕事で、弊社の技術ノウハウを駆使した、新しい設備の更新や操業改善、省エネ等の提案を行っております。3つ目は外部団体での仕事で、紙パルプ技術協会の委員として計装技術発表会・計装基礎講座の運営や、三井グループ各社との共同技術調査研究などを行っております。

キャリアパス

2007年4月〜 富岡工場
配属前工場研修
2007年7月~ 米子工場 抄造部 第2抄造課
抄造オペレータ
2009年7月~ 米子工場 施設部 電気計装課
設備保全、故障対応等
2012年7月~ 米子工場 施設部 電気計装課
発電オペレータ、受配電監視、設備保全等
2014年6月~ 米子工場 施設部 電気計装課
スタッフ業務
2014年7月~ 王子エンジニアリング本社 営業技術本部
電気設計、工事監督等

入社の動機

実家の近くに工場があり、また高校時代(工業高校)の工場見学等で日頃身近に感じていました。
会社の内容を知っていく内に、海外を含め色々な事業所へ行ける機会があること、自分の専門分野だけでは無く機械や建築、ボイラー等の知識も得ることが出来、幅広く経験を積める点があることに魅力を感じました。

仕事のやりがい

会社にとって重要な国内・国外の新規プロジェクトに関れる機会が多くあります。
国内プロジェクトでは今まで無かった新しいプラントの設計や機械メーカの制御アルゴリズムを通じて、基礎となる設備仕様の考え方や進め方などを知ることが出来ました。また、海外プロジェクトでは海外の法律に則った設備設計及び電気機器仕様の検討から、その国の電気設備の考え方を知ることが出来ました。
プロジェクトや日常業務を通して新しく学ぶ機会が多くあります、これらを経験させて頂ける事に仕事のやりがいを感じます。
また業務の中では、お客様、各メーカのご担当者、紙パルプ技術協会に所属する他製紙会社の方々や三井グループの方々とり合う機会があり、各方からの専門的・技術的な話や事業動向から得られることも多く、王子クループの枠を超えて知識や技術を勉強させて頂いたり、意見交換を行わせて頂いたりして日々成長させて頂いております。

今後の目標・挑戦したいこと

まずは自分の専門部門である電気の知識・技術をさらに習得し、今以上に業務の精度を上げたいと思います。
経営戦略である新規事業や海外事業の最前線で活躍されている先輩方に近づく為にも、会社全体の動向や海外の技術動向も視野に入れ、必要な基礎力作りを進めて行きます。

オフの過ごし方

家族で近隣の公園や買い物に出掛けます。公園でサッカーやバトミントンをしたり、子供が学校で行っている縄跳びの練習を一緒にしたりして、体を動かしリフレッシュしています。
子供も成長し、最近はオセロやトランプにも興味を持ち始めたため、時間が取れれば平日の夜に一緒に遊んで楽しんだりしています。

就活生へのメッセージ

得意分野や専門分野をこれからも伸ばしていこうという向上心は大切だと思います。
また全く新しい分野へも取り組んでいこうとするチャレンジ精神があれば、なお良いと思います。
会社へ入った後は学ばなければならないことが沢山ありますが、努力すれば様々なことを経験出来、自分自身の可能性を広げることができる環境があります。一緒に頑張りましょう。