研 究

手嶋 明恵
王子ホールディングス
紙パルプ革新センター 水環境事業推進室
2015年入社
理学研究科 化学専攻

現在の仕事

新規に展開を始めた水処理事業の技術開発に関わっています。王子では紙づくりに欠かせない水処理は、身の回りでは飲料水、下水処理、モノをつくる工場の用水、排水処理、海水の淡水化などなくてはならないものです。処理前の水質が日々変動するなか、膜処理、微生物処理、薬品処理などの、どの設備を組合せるか、設備を安定に運用するにはどういう工夫が必要か、時にはお客様の所に試験機を置いて、開発をしています。

キャリアパス

2015年4月〜 ディベロップメントセンター
特殊紙の用途開発
2015年10月〜 紙パルプ革新センター 水環境事業推進室
水処理設備の技術開発

入社の動機

毎日の生活に役立つモノづくりをしたいという思いがあり、ティッシュをはじめとする紙製品や、紙以外にも生活に身近な素材を沢山研究している王子グループに興味をもちました。実際に面接を受けてみて、気さくで話しやすい先輩が沢山いたことが印象的で入社を決めました。

仕事のやりがい

国内外で様々な地域・多くのお客様のところに行き、直接お客様と会い、現場を見て学べる機会が沢山あることにやりがいを感じます。一例では、タイで新しい膜処理設備の立上げに携わらせてもらいました。池の水をろ過して工業用水を生産する設備を更新するという内容で、机上の研究だけでは分からない、設備の仕組みも知ることができてとても勉強になりました。日々のトラブルをチームで一丸となって乗り越えて、設備が無事に立ち上がりお客様の喜んだ顔を見たときの達成感は得難いものでした。今ではIotを用いた設備の遠隔監視も行っていて、引続き皆様とは繋がっています。現地では、タイ人のお客様にも大変お世話になりました。明るく優しい人ばかりで、タイの良いところも沢山教えてもらいました。お客様のことを知るたびに、もっと多くの皆様に良いモノを届けたいという気持ちが強くなりました。

今後の目標・挑戦したいこと

水処理事業は新規で立ち上がった事業です。そのため、「王子といえば紙」だけでなく、水処理の王子としての知名度も上げたいと思います。今後は経験を沢山積んで、水処理に悩む一人でも多くのお客様に幅広い提案ができるようになることが目標です。

オフの過ごし方

外に出ることが好きで、友人や家族と食事したり、旅行したりすることを楽しんでいます。一人のときは、運動不足を解消するためにマラソンや和太鼓など様々な分野に挑戦しています。

就活生へのメッセージ

私は実際に働いてみて、研究室での活動だけでなく学生時代に培ってきた部活動やアルバイトなどの一つ一つが仕事に活きていると感じており、振り返れば経験しておいて良かったと思えることが沢山あります。就職活動中は不安を抱えることがあると思いますが、等身大で、今まで取り組んできたことに自信をもって、希望に向かって挑戦してください。