研 究

北島 奈帆
王子ホールディングス
紙パルプ革新センター
2017年入社
工学院 環境循環システム専攻

現在の仕事

紙パルプ革新センターでは、既存の紙事業の強化に加えて、新事業の創出に取り組んでいます。現在所属しているチームでは、新製品開発に取り組んでおり、最終的な製品にあわせた品質を持つ紙を作るために、日々検討をしています。紙の品質には、原料や、製造時のマシンの条件、使用する薬品の量や種類まで、様々な要素が影響します。研究所では、それを最適化するための実験を行ったり、時には工場へ出向いて試作を行ったりします。

キャリアパス

2017年4月〜 イノベーション推進本部(東雲)
紙パルプ革新センターにて、新規製品開発

入社の動機

大学時代は全くといって良いほど紙とは関係のない研究をしていたのですが、木材資源由来である製品に魅力を感じ、志望しました。会社説明会で女性社員の方が積極的に働いている姿も非常に印象的でした。また、ほとんどの人が専門外からのスタート、という先輩がたのお話も背中を押してくれました。

仕事のやりがい

製品開発に取り組むなかで、加工前の紙から最終製品になるまでの全体像を見られることに、面白さを感じています。また、新入社員でも意見を求められることも多く、成長できる環境だと思います。もちろん、分からないことは教えてくださいますし、間違っていたらフォローしてくださいます。
今までの仕事で一番印象的だったのは、工場での試作です。実際に行くまでイメージが出来なかったのですが、巾何十mもある紙が数百メートル/分で製造されるというスケールの大きさには驚きました。また、紙を製造する上ではたくさんの要素が複雑に関係しているので、なかなか思うような品質をクリアする紙が作れなかったりすることもあります。試作に立ち会うときは、その場で判断を求められるので、様々な可能性を即座に考え対策を打てる力が必要だと感じました。

今後の目標・挑戦したいこと

いま開発している製品を市場にだして、店頭にその製品が並んでいるのを見るのが夢です。
また、研究者としてまだまだ未熟なので、知識を身につけることももちろん必要ですが、様々な可能性やアイディアを大切に出来る柔軟さも持てるようになりたいです。

就活生へのメッセージ

就職活動中は大変なことも多いと思いますが、自分の将来について考える良い機会なので、大切に過ごしてほしいです。実際に働いてみて、関係がないと思っていた分野の授業や勉強が役に立つことがあります。学生のうちに学べることは学んでください。自分の持っている知識や経験を、幅広い視野でとらえることが出来ると、きっと会社でも活躍できると思いますし、そういう方と仕事をしたいです!

オフの過ごし方

休みの日には、都内に出て、観劇に行ったり美術館にいったりすることが多いです。GW、お盆や年末年始は長めのお休みが取れるので、旅行にも行きたいなと考えています。同期や先輩方と遊びに行くこともあります。