研 究

轟 雄右
王子ホールディングス
CNF創造センター
2016年入社
理学研究科 生物科学専攻

現在の仕事

セルロースナノファイバー(CNF)の研究開発に携わっています。CNFは、紙の原料となるパルプ繊維を非常に細かく解きほぐして得られる幅3-4nmの繊維であり、軽くて強く、熱に安定な素材として様々な用途への応用が期待されています。私の仕事は、未だ明らかになっていないCNFのポテンシャルを見極めるために基礎的な検討を行うこと、及びそのポテンシャルが顧客ニーズを満足させることができるか検証することです。

キャリアパス

2016年4月〜 紙パルプ革新センター
セルロースナノファイバーの研究開発
2017年4月〜 CNF創造センター
セルロースナノファイバーの研究開発

入社の動機

研究活動に携わりたいと考えながら就職活動していた中で、紙やパルプが当時の私にとって思ってもみない用途に使われていることに感動しました。また、活動中に関わった王子グループの社員さんたちが多様な背景を持った個性的な方々で、そのような環境で仕事をしたいという思いを強くして、入社を決めました。

仕事のやりがい

予期しない点と点が繋がるときに仕事の面白みを感じます。日々の実験では、遊びや失敗としてみていた検討から良い結果が得られたり、お客様への提案に繋がることもあり、上長が「安全であれば自由に実験をして良い」と言ってくれるお蔭だと感じます。やったことのない実験をするときや、説明がつかない現象を目の当たりにしたときは、面白くてワクワクします。CNFの応用が期待される分野は多岐にわたるため、思ってもみない用途からの引き合いや、幅広い分野の技術事情に触れる機会があります。なかでもやりがいを感じる時は、自分が関わった開発品をお客様に触って頂ける時です。実験結果や作製した資料からお客様に提案をしたり、自分で触っていた経験から思わぬ形でお客様の困りごとを解決できた時が嬉しいです。所属するチームの開発品についてお客様から良い評価結果が来たと聞いたときに、仕事をしていて良かったと心から思いました。

今後の目標・挑戦したいこと

現在所属しているチームに貢献できるように、目の前の仕事に一生懸命に取り組みたいです。日々の実験やお客様への提案だけでなく、製造プロセスの検討や大規模に製造する機器の選定、特許の執筆や学会での発表など、幅広い仕事をひとつずつマスターしていきたいです。

就活生へのメッセージ

就職活動は視野を広げる貴重な機会だととらえて、尻込みをせずに多様で異質な幅広い業界を見てまわると良いことがあると思います。そのときに、それぞれの持って生まれた感受性を最大限に生かして、感じたことに蓋をせずにその理由をよく考えたり人に話してみてください。不安、苦しみ、心の痛みにまみれることがあるかも知れませんが、決められることと決められないことを見極めて、社会と真摯に向きあって貰いたいです。

オフの過ごし方

休日は映画館へ行くか、友人と飲みに行くなどをして過ごします。フレックスタイム制かつ年休が取りやすいため、温泉旅行へ行くこともあります。寮に住んでいるため、職場は違えど同じ王子グループの先輩と遊ぶことも多いです。